<参考26>  汽水域で春から夏にかけて見られる草木の花


     【イグサ科】  イグサ属 : イグサ・ホソイ・クサイ

 
多摩川大橋の左岸上手(ヤマハボートの拠点がある少し下手)で、岸辺の散策路の脇(低水路側)に、かなり以前からイグサが一株ある。この辺りは低水護岸が施されているので、高水敷の上がそれほど湿気た場所というわけではなく、湿生植物という感覚のあるイグサが、何でここに生え続けているのかは分からない。
散策路の堤防側には、ここから上手に向って、公園風の憩いの広場が作られていて、その上手にはゲートボール場があったりするが、散策路の低水路側になるこちらは、人が何かを持ってきて植えるというような雰囲気の場所ではなく、荒れ地の端で雑草の中に混じってあるもので、不思議の感を禁じ得ない。

左の写真は2014年6月27日の撮影

きちんとウォッチしていた訳では無いが、2015年にクサイの花を撮ったのを機会に、この特集にホソイ共々でイグサ科を載せることにしたので、本家のイグサも載せなければ恰好が付かないということになって、2015年には幾らか真剣に撮って回った。
ただ古くからあるこの一株については、少なくとも2年間の写真を載せることで、あまり変わったところはないということを示すこともあろうかと思って、上から3枚は2014年6月に撮った写真を載せた。
イグサの特徴は、葉の無い針状の長い茎が放射状に展開する姿で、小さい写真で全体を撮ると不明瞭なものにならざるを得ず、近づくと全体がどうなっているのか分からないという難しさがある。場所が場所だけに、色々な物が上に投げ捨てられて、株がつぶれかかっているような時期もあり、そんな状態から邪魔物を排除して株を立ち直らせたりと、面倒を見てきたことはあるが、写真としては、後から前後の写真を見る場合の位置を推定するための通行証のようなことで、通りすがりに一寸撮って挟んでおくという程度のものだったので、あまり突っ込んだ写真は撮っていない。

左の写真は2014年6月27日の撮影で、一番目に載せた写真を撮った時に同時に撮ったズームである。

左の写真は2014年4月17日の撮影で、未だ花の気配は無く、今年は頑張って花を撮るぞという時期の様子。

ここからの3枚は2015年5月30日に撮った。この年はイグサの花をキャッチする積りで、早い時期からウォッチしていた積りだったが、花のようなものが出始めてからも、遂に”咲いた”花のようなものは捉えられず、結局花後の痩果みたいなものを撮るのがやっとだった。

ホソイも長年見てきているが、同じように”咲いた”花を見たことは無く、こんなものなのかと思い始めた矢先に、ネット上で”クサイの花”を見付け、初めて花弁やメシベなどを備えた普通の花が咲くことを知った。
恐らく早い時間帯にのみ僅かなものが開花し、午後から出向いたのではもう見れないという手合ぼ花ではないかと思った。ただイグサやホソイに付いてはネット上でも花をはっきり確認はできなかったので、取り敢えずクサイに集中して花をゲットしようということにした。

平日は午前中からは出難い事情があったので、天候のことも含め必ずしも余裕は無く、しかもクサイの花をゲットするのも容易では無かったため、結局クサイで力尽きてしまい、イグサについては一年先送りにせざるを得ず、2016年への宿題ということになった。

2015年は前年までの高水敷の一株ろう別に、新たに西六郷地先の低水護岸の最下段に、イグサが点々と3,4株生えているのを発見した。
これまでは多摩川大橋に近い高水敷の荒地にあるものだけが孤高の存在という感じだったが、ここに幾つか出てきたことで、イグサの観察は新たな局面を迎えるようになった。今後の存続の可否は不明ながら、藪に覆われてしまう中段ではなく、又多摩川大橋に寄った上手側では、この最下段はヨシに浸食されてしまっている場所も少なくないが、多摩川緑地に近づいてくるこの辺りではヨシは未だ見られない。

左の1枚は初めて発見した2015年4月26日に撮ったものの中の1枚である。

ここから下の5枚は、西六郷の護岸にあるイグサのうち、最も下手にある1株について、花を撮り始めた6月2日に撮ったものである。





これは上と同じ場所で6月13日に撮った。10日余りしか経っていないが、既に花のイメージではなく、実になっているように見える。

 


 








 


 












(戻る) 


   [参考集・目次]